大阪を拠点とする信頼のガン&トイホビー販売「L.A.ホビーショップ」

  • 利用規約
  • 利用規約
  • 特定商取引法に基づく表示

新着情報

一覧表示 RSS

最新情報

184件の情報がございます。

2020.07.07

九州地方における大雨の影響について


現在、九州および中国地方における大雨により配達に影響が発生しております。

該当する地域への出荷は可能ですが、お届けに通常よりもお時間・日数がかかる場合がございます。
その他地域につきましても、同様事態が発生する可能性がございます。

また、お届けするお荷物の外箱に雨水がかかったり泥はねがあった場合、内容物に影響が無ければご容赦いただければと思います。

配達の遅延も含め、運送担当業者へのご寛容をお願いいたします。

2020.07.03

ガスガン用ガスボンベの価格上昇についてのお知らせ

冷媒ガス等販売業界から、8月後半にトイガン用ガスを含めて、15~30%以上の価格上昇があるという通達がありました。
トイガン用の134aガスの場合、現在500g入でメーカー希望小売価格¥1900の製品が、¥2400になる見込みです。

実際の所、2020年の4月から原材料は値上がっており、それ以前に在庫したものが8月頃に無くなるという状況です。

各ブランドの価格変更情報は随時告知いたします。

2020.06.24

タナカワークス デザートイーグル発売延期のお知らせ

好評ご予約受付中の、タナカワークス製モデルガン デザートイーグルですが、必要パーツが充分に確保出来ない事がわかり、発売が8月の上~中旬の出荷に延期となりました。

また、開発中のダブルキャップカートリッジが同時発売かどうかのお問い合わせを多数いただいておりますが、メーカーから正式な発表があり次第情報を掲載いたします。

2020.04.22

G&G PRK9シリーズ発売延期のお知らせ


4月24日発売の予定でメーカーから出荷されましたが、動作に問題がある事が発覚した為延期となりました。
おそらく対策部品を製造、組み替えとなる為、一か月程度の延期になると思われます。

2020.04.20

マルシン カートリッジ式CZ75シリーズの動作等について

※2018年6月出荷分での情報ですが、2020年4月出荷分でも同様です。

出荷前の検品で以下の様な気付きがございましたので、ご参考下さい。
お問い合わせの内容も反映させています。

・スライドストップレバーを引き抜いて元に戻した際に、レバーの上側に引っ掛けるべきスプリングをレバーの下に入れてしまい、そのままスライドを引いてスライドがロックしてしまう事例が報告されています。
組み立ての際は充分にご注意下さい。
元に戻すには、部品のわずかな隙間からスプリングを引き出してやる必要があります。

・発射時にBB弾がカートリッジから抜けない場合、BB弾を保持するパッキンにオイルを塗布して下さい。また、直径の小さなBB弾(5.94mm表記など)を使用してみてください。

・フレーム右面のスライドストップ軸の前あたりに、丸いモールドが浮き上がっていますが、これは旧製品時のネジ穴を埋めた跡で、すべての製品に残っています。(ヘビーウェイトモデルはサンドブラスト処理で目立たなくなっています)

・ガスの注入量は多めにして下さい。また、ガスボンベ側の残量が少ないと充分に注入出来ません。

・スライドを引く際に、かなり強い引っ掛かりを感じる場合があります。
スライド下面とスライド内パーツの接する部分にグリスを塗付するなどして下さい。

・ABS樹脂製メッキモデルはスライドストップがかかりにくい、ハンマーが確実に起きない傾向があります。
 ならし動作で解消されると思います。

・ヘビーウェイト樹脂モデルは、マガジン内圧が高くないと確実に動作しません。
 スライドが一見快調に動作するもののハンマーがスライドの前進と一緒に倒れてしまう場合は内圧不足です。
 説明書にある通り気温25~30度程度が適温ですが、マガジンを触って冷たく感じる状態では不調になります。マガジンを出来るだけ温めて下さい。
 マガジン表面が温もっていても、内壁やバルブシャフト・スプリングが冷えていて、ガスの気化を妨げている状態が多くみられます。何度繰り返してもガスを吹くといった場合は、ガスタンク内部が適温になる事をイメージして温めてみて下さい。

・ハンマーがスライドの前進と一緒に倒れてしまう症状は、ハンマーの起き角が最大になる状態とシアがハンマーにかかる状態がほぼ同時となっている事が原因で、部品同士のなじみで解消されると思います。

 トリガーを右後方に向かって引く様にすると正常に動く場合、ディスコネクト(後退したスライドによりトリガーバーが押し下げられる)動作が上手くいっていません。
 トリガー・トリガーバー・シアの接点がなじむか、オイル・グリス類の再塗布で解消される場合があります。

・主にメッキモデルで、表面に細いスジや凹凸が浮いている場合がありますが、金型の古さに起因するもので破損ではありません。

・バレルブッシングが外れた場合は、ネジロック剤等を少量塗布して取り付け直して下さい。

 

このページの先頭へ